ツインレイ、幸せの法則

セルフイメージを書き換えて、誰もが羨むほど愛されて幸せになる

「愛されない」設定がなかなか書き換わらないのは

「愛されない」設定がなかなか書き換わらないのは



こんにちは
サラダです






*****************
お知らせ


スカイプセッション」
スカイプ講座」(潜在意識の基礎)


ー「スカイプセッション」 2時間  5万円
ー「スカイプ講座」(潜在意識の基礎をお伝え致します)4時間
 プラス 1ヶ月間のメールサポートセッション  7万円
(「スカイプ」の日程はご相談の上、日時を決めさせて頂きます)


お申込み希望の方は
直接ご連絡下さい 
salads1111☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて下さい)

~~~~~~~~~~~~~~~~~

対面セッション (大阪・梅田)

9月の対面セッション

対面セッションをご希望の方は
希望日時を第三希望までお書きの上
下記、アドレスまでご連絡下さい

希望日時例
第1希望:〇月〇日
     〇時
第2希望:〇月〇日
     午後

料金は2時間 5万円
(詳しい場所はお申し込み下さった方に直接連絡致します)
salads1111☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて下さい)

*****************




「潜在意識」が書き換わらない理由は
心で思っている事をしっかり握りしめて手放せないから、です




なんで、そう考えちゃうかな〜?とか
どうして、そんなに好きな人を責めちゃうの?とか



復讐心や恨み節たっぷりなのに
「愛して欲しい」って…(°_°)


そんなドロドロした感情を持ってるのに
「私は愛される存在」とは書き換わらないよね^^;



ここ、無意識だから
心はすっごい苦しいと思う



愛で満たされたい!と頭で願いながら
心では
「お前のせいで不幸なんだよ!
どうしてくれるだよ!!」





って、めっちゃ怒ってるのに
愛されたいから、そこにもフタしたり


そうなると、
自分で怒ってる事にすら気付けないから
なかなか潜在意識は書き換わらなくなっちゃうんです



だって、
愛される事を、心では望んでないから




だから
苦しいんです

頭と心がチグハグで
幸せの選択が出来ないのに
「受け取る現実」に納得出来ないから


で、また相手を恨みたくなる、
のループを繰り返しちゃってるんです




こんな時は
相手の事は一旦、横に置いておいて



とにかく
あなたの中にあるドロっドロの感情を出してあげて
スッキリするまで

出す出す!



で、その怒りや復讐心の元は
彼ではなく、全然違う所にあるから
その深層意識を修正していくと
潜在意識の書き換えがスムーズに出来るようになって



愛を受け取れるようになります^ ^



あなたが自分の幸せに対して真剣になれば
潜在意識はカンタンに書き換わります!



あなたは
どうしたい?
どうなりたい?



なんです^ ^




◯◯のせいで、不幸なんだ!
と思い続けるのも


◯◯が出来るようになって
彼から溺愛されるようになるのも



「あなた」が選んでいるんです
溺愛されるコツは、ちょっとした事だけです


誰でもカンタンに溺愛されるのに
その「選択」が出来ていなかったり
自分で受取り拒否してるだけ、です



心のお掃除していくと
なんで、「こんなもの」握りしめているのかな?
ってのが出てきます

で、なかなか手放せなかったりもします
捨てたいのに、捨てられない…



それは、見てる所、意識してる所が違うから
手放せないだけで
そこをシフト出来たら



ちょーカンタンに手放せて
一気に思考が変わっていきますよ^ ^



何かを捨てれば、スペースが空きます
そこに新しいものが入るです


潜在意識の書き換えも、
一旦クリアにしてから、新しいものに変える感じです
同時に真逆のものは入れられないから


なかなか変わらないのは
頭では分かっているのに
心では、手放したくない、と思っている状態です


ならば
何故、手放したくないのか?
何故、そう思い続けたいのか?



あなたは
どうしたい?
どうなりたい?



ここ、クリアしたら
願いって、カンタンに叶っていくようになります







そんな、あなたの潜在意識を書き換えて
愛される人になるサラダの
メールセッションの申し込みは下記から


お申込はこちらをクリック


 
Facebookにシェアして頂けると、
とても嬉しいですサラダのブログはリンクフリーです
リンクしたい方はご自由にどうぞ



ご質問やメッセージは下記アドレスより
salads1111☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて下さい)


全ての人が幸せで溢れますように




読者になる