ツインレイ、幸せの法則

セルフイメージを書き換えて、誰もが羨むほど愛されて幸せになる

「幸せ」のハードルを下げると、カンタンに幸せになれちゃう

「幸せ」のハードルを下げると、カンタンに幸せになれちゃう



こんにちは
サラダです






*****************
お知らせ


スカイプセッション」
スカイプ講座」(潜在意識の基礎)


ー「スカイプセッション」 2時間  5万円
ー「スカイプ講座」(潜在意識の基礎をお伝え致します)4時間
 プラス 1ヶ月間のメールサポートセッション  7万円
(「スカイプ」の日程はご相談の上、日時を決めさせて頂きます)


お申込み希望の方は
直接ご連絡下さい 
salads1111☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて下さい)

~~~~~~~~~~~~~~~~~

対面セッション (大阪・梅田)

9月の対面セッション

対面セッションをご希望の方は
希望日時を第三希望までお書きの上
下記、アドレスまでご連絡下さい

希望日時例
第1希望:〇月〇日
     〇時
第2希望:〇月〇日
     午後

料金は2時間 5万円
(詳しい場所はお申し込み下さった方に直接連絡致します)
salads1111☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて下さい)

*****************



現実世界で「辛い」「苦しい」が多いのは
「◯◯でなければ」という考えを持っているから



幸せな人は
心の中が、ニュートラルに近いから
幸せのハードルが低くくて
やってくる幸せは、「思った以上」が多かったりするんです



あったら幸せ
無くても幸せ

あなたがいれば
いつも幸せ^ ^



こんな感じなんです♪




「◯◯で無ければ、幸せではない」という
あなたのマイルールが
あなたを苦しめたり、辛いとか
「愛されてない」という思い込みを作っているんです




あなたの「マイルール」は
何故、そんなに厳しいの?



会う時間が短くても
あなたに会いに行く為に、わざわざ時間をかけているなら
そこに「愛」がありますよね


あなたに会う為だけに、会う時間より長い移動時間をかけたり



見る視点が変わると
「幸せ」のハードルがグンと下がります
そうすると、幸せって雪崩れみたいにやってきます




辛い、苦しいは
あなたが作った、マイルール通りでないと
「幸せではない!」と思い込んでいるから


連絡が無ければ不安で苦しくなるし
「◯◯してくれないのは愛してないから」と自分で相手を拒否したり
「記念日は◯◯するべき!」というマイルールがあるから、◯◯が無ければ不幸だと感じるし



そのマイルールが
あなたを苦しめているんです^^;




そのマイルールこそが
あなたの深層意識に入っているものです


「◯◯でなければダメ」は
相手をコントロールしていることになるから
相手は反発して逃げたくなりますが

「◯◯したい」と相手に思わせる事が出来たら
コントロールしなくても、相手は勝手にしちゃうんです
と、いうよりしたくなるんです


何故ならば
あなたの喜ぶ顔が見たいから
あなたを幸せにしたい!と思っているから



「幸せ」のハードルが下がれば下がるほど
相手はあなたに何かをしたくなるんです
だって、小さな事にも、喜んでくれるから^ ^


そんな、あなたの笑顔を見たいから
相手の「幸せにしたい!」という欲求を借り立たせる事が出来るんです



◯◯しなければ〜
は、なかなかやる気が起きませんよね^^;




あなたは子どもの頃
お母さんから「宿題は? ちゃんと勉強したの?」と聞かれ
「いま、やろうと思ってたのに」やる気無くなったわ
とか、「この子は全然勉強しなくて〜」と、ちっとも私の事分かってくれない!

と思った事ありませんか?



彼との連絡が滞りがちなら
今、あなたが彼にやってるのは
口うるさい母親が、やる気を失わせていた事と
全く同じことをしている、という事なんです



なので
勝手に◯◯したくなるように仕向けるだけ



物事は表裏一体なんです
あなたが目に見えないものに気付けるようになったら
(愛は目に見えないですよね)

◯◯しなくても
常に「ある」と感じれるようになり
そこから愛が雪崩れのように起きはじめますよ






そんな、あなたの潜在意識を書き換えて
愛される人になるサラダの
メールセッションの申し込みは下記から


お申込はこちらをクリック


 
Facebookにシェアして頂けると、
とても嬉しいですサラダのブログはリンクフリーです
リンクしたい方はご自由にどうぞ



ご質問やメッセージは下記アドレスより
salads1111☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて下さい)


全ての人が幸せで溢れますように




読者になる